アダルトサイト運用

GMOクラウド iCLUSTA から mixhost への WordPress移転方法

投稿日:

最近、運営中の全てのサイトで、常時 SSL 化に着手しようと思ったんですが、GMO クラウド は SSL が有料オプションということだったので、この機会に MixHost  への移転を決断いたしました。

今回は GMOクラウド iCLUSTA から mixhost へのお引越し方法をご紹介します。おおまかな流れは以下の通りです。

 

1. 構成ファイルダウンロード(GMO)
2. DB エクスポート(GMO)
3.ドメイン追加(mixhost)
4. DB 作成(mixhost)
5. 構成ファイルアップロード(mixhost)
6. DB インポート(mixhost)
7. WP 設定ファイル編集(mixhost)
8. 動作確認(mixhost)
9. DNS 設定変更(ご契約中の管理会社)

 

それではいってみましょう!

Duplicator とか、All-in-One WP Migration のような、一発でサーバー移転できるプラグインも使ってみたんですが、正常に動作しませんでした。

 

1. 構成ファイルダウンロード(GMO)

WordPress を構成するファイルを移転先のサーバーにアップロードする準備として、移転元サーバーの構成ファイルをすべてダウンロードします。※以下は FFFTP を使用した例です。

と、その前に一応全てのプラグインを停止しておいた方が無難です。

ドキュメントルートのファイルを全て選択したら( _cgidata は不要です)青色矢印↓(ダウンロード)をクリックします。

 

2. DB エクスポート(GMO)

ここでは、phpMyadmin を使った方法をご紹介しますが、もし動くようなら プラグイン「ARI Adminer」を使用した方が早いです。ARI Adminer を使った DB エクスポート手順は以下の記事を参考にして下さい。

ARI Adminer で DB をエクスポート!GMOクラウド iCLUSTA

左ペインのツリーから移行対象となる DB を選択します。

「エクスポート」を選択します。

とくにパラメータは変えずにそのまま「実行」を選択します。適当なローカルフォルダに保存します。

以上で、DB エクスポート作業は完了です。

 

3.ドメイン追加(mixhost)

mixhost に、移転対象のドメインを登録します。mixhost の管理画面(cPanel)から「アドオン ドメイン」を選択します。※参考 cPanel へのログイン方法

「新しいドメイン名」に、移転対象のドメインを入力し「ドメインの追加」を選択します。

※サブドメイン、ドキュメントルートはデフォルトのまま。サイト単位で個別に FTP アカウントを管理したい場合は「このアドオン ドメインに…」にチェックを入れます。

ドメインの追加

以上で、ドメイン登録作業は完了です。

 

4. DB 作成(mixhost)

mixhost の管理画面(cPanel)から「MySQL データベース ウィザード」を選択します。

「新しいデータベース」に、任意のデータベース名を入力し「次の手順」を選択します。

「ユーザー名」と「パスワード」に、それぞれ任意でお好きなものを入力し「ユーザーの作成」をクリックします。

mixhostデータベースユーザー作成

「全ての権限」にチェックを入れ「次の手順」をクリックします。

データベース権限付与画面

以上でDB作成作業は完了です。

※ここで指定した「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」は、後ほど「WP 設定ファイル編集」作業で必要になりますので、メモしておきましょう。

 

5. 構成ファイルアップロード(mixhost)

「手順1」でローカルにダウンロードしておいた「WP構成ファイル」をすべて選択、さらに移転先のドキュメントルートを指定したら「アップロード」を選択します。

すべてのファイルのアップロードが完了したら作業完了です。

 

6. DB インポート(mixhost)

「手順2」でローカルにダウンロードしておいた DBデータ(拡張子「.sql」)を「手順4」で作成したデータベースにインポートします。

mixhost の管理画面(cPanel)から「phpMyAdmin」を選択します。

mixhost_phpmyadmin画面

左ペインから「手順4」で作成したデータベースを選択し「インポート」を選択します。

mixhost のデータベースインポート画面

「ファイルを選択」をクリックし「手順2」でローカルに保存したDBデータ(.sql)を指定します。

パラメータは全てデフォルトのまま「実行」を選択します。

以上でデータベースのインポート作業は完了です。

 

7. WP 設定ファイル編集

「手順5」で、移転先にアップロードした WP構成ファイルのひとつ「wp_config.php」の内容を編集します。※データベースの接続先指定を「手順4」で作成したデータベースへと変更します。

mixhost の管理画面(cPanel)から「ファイル マネージャー」を選択します。

左ペインで「home/public_html/(移転先ドメイン名)/wp」とフォルダーを展開し「wp_config.php」を選択。その後「編集」をクリックします。

パラメータはそのまま変更せずに「Edit」を選択します。

「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」を、「手順4」DB新規作成時にメモしておいたものに変更し「変更の保存」を選択します。

※ホスト名は、GMOクラウドの場合「mysql369-in.shared-server.net:54852」のような長いものでしたが、mixhost の場合、全ユーザー共通で「localhost」です。

以上で WP設定ファイル編集作業は完了です。

 

8. 動作確認

筆者の場合、この移転先サイトの確認作業は飛ばして、ぶっつけ本番でネームサーバのエントリーを変更してしまいましたが、やはり移転先サイトの動作確認はしておいた方がよいでしょう。動作確認の方法は2つあります。

動作確認方法その1

mixhost が用意している動作確認用のアドレスを使います。
アドレスは「http://(サブドメイン*1).(初期ドメイン*2)/」です。

*1 サブドメインは、移転対象となっているサイトのドメインです。「.com」や「.net」などのトップレベルドメインは指定しません。
※例:example.com なら example のみを指定します。

*2 初期ドメインとは、mixhost お申し込み時に指定した任意の新規ドメインのことです。
※例:test.mixh.jp

※「例」の場合、最終的な動作確認用のアドレスは
「http://example.test.mixh.jp/」となります。

動作確認方法その2

ローカル環境にある「hosts ファイル」を編集します。

これは、言ってみればインターネット上にある「アドレス帳」を使用せずに、ご自身のローカル環境に「アドレス帳」を作って、直接訪問しちゃおう…という方法ですが、よくわからない場合は、その1の方法で十分です。

hosts ファイルの修正方法は コチラ です。

 

9. DNS 設定変更

この「手順9」を実施すると、インターネット上の閲覧者は、mixhost 上に新しく作成した移転先サイトを訪れるようになります。

筆者の場合、2~3時間は古いサイトを見に行ったり、新しいサイトを見に行ったりと不安定な状態が続きましたが、およそ3時間後には切り替わりました。

 

設定変更は、ご契約中のドメイン管理会社のコントロールパネルから行います。

mixhost のネームサーバは以下の通りです。※ネームサーバが2つしか指定できない場合は、以下の「ネームサーバ1」と「ネームサーバ2」を指定します。

ネームサーバー1 ns1.mixhost.jp
ネームサーバー2 ns2.mixhost.jp
ネームサーバー3 ns3.mixhost.jp
ネームサーバー4 ns4.mixhost.jp
ネームサーバー5 ns5.mixhost.jp

筆者の場合、ムームードメインと契約しておりますので、以下のような編集画面になります。

ムームードメインのDNS設定変更画面

 

以上で、全ての作業が完了です。

移転先の MixHost は使い勝手よくて、何より「速い」のが最高です!おすすめ。

-アダルトサイト運用
-, , , ,

Copyright© ももいろアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved.