アダルトサイト運用

GMOクラウド iCLUSTA で phpMyAdmin を使う。

投稿日:

以前から、もっと機能の充実したレンタルサーバーにお引越しをしたいなぁ…と思ってたんですが、WordPress で運用中のエログはデータベースの移転が、とってもメンドくさそう…

というのも、データベースの移転に必要なツール phpMyAdmin が、利用中のレンタルサーバー GMOクラウドiCLUSTA+」では使えなかったからなんだよね。

 

MySQL5.1 を MySQL5.7 にアップデート

…でも、現在では「MySQL」をアップデートすれば使えるようになるってことなので、ちょっと挑戦してみたいと思います。もちろんアップデートは無料です。

そもそも MySQL ってなによ? ってことなんだけど、データベース(以下 DB)を運用する仕組みそのもの、データベースシステムそれ自体のことなんだよね。

だから、作業の全体像としては以下 1~5 みたいな感じ。MySQL 5.7 はそのままでは使えなくて、GMOクラウドに無料オプションとして申し込む必要があります。

1・MySQL 5.7 の利用申請

2・MySQL 5.7 に DB を新規作成

3・運用中の MySQL 5.1 の DB を 5.7 に移行

4・Wordpress で DB 接続先の設定を変更

5・データ移行後の動作確認

 

…となります。わりと簡単に出来ますのでご安心下さいな。

サーバーのお引越しだけが目的の場合…

筆者もこのパターンですが、移行後に GMOクラウド iCLUSTA を解約する予定の場合、上記手順のうち「4・接続先変更」と「5・動作確認」は必要ありません。「3・移行」を実施した時点で、ツール「phpMyAdmin」でデータを抜き出せます。 

 

事前準備 MySQL のバージョン確認

と、その前に…あなたの環境がすでに MySQL 5.7 になってるかどうか、一応確認しておきましょう。すでにアップデートされている場合は、次項の手順「申請」は必要ありません。

プランマネージャにログインして、左サイドメニューに「MySQLデータベース」という項目があれば、すでにアップデート済みです。次項の申請手順は飛ばして下さい。

プランマネージャ https://www.iclusta.com/

MySQL のバージョン確認

※また、これは必須ではありませんが、現在運用中のデータベースをバックアップしておいた方が安心です。手順は コチラ。筆者は面倒だったので、やりませんでしたが…

 

GMO クラウドに MySQL 5.7 の使用を申請

左サイドメニューに「MySQLデータベース」という項目がなかった場合は、アカウントマネージャにログインしてオプションを申し込みます。アカウントマネージャ https://www.gmocloud.com/login/

申請手順は、公式の [iCLUSTA] MySQL5.7のお申し込み が分かりやすいです。申請後は、以下件名のメールが通知されるまでしばし待ちましょう。

件名:【GMOクラウド】無料データベース(MySQL)設定完了通知

筆者の場合は、申し込みからわずか 6分後 でした。

 

MySQL 5.7 に DB を新規作成

プランマネージャにログインして、左サイドメニューの「MySQLデータベース」を選択します。プランマネージャ https://www.iclusta.com/

MySQL 5.7 に DB を新規作成

「新規インスタンスを作成」を選択します。

新規インスタンス作成画面

以下の ①~④ を必要に応じて入力し「作成」を選択します。

新規インスタンス作成の詳細パラメータ

筆者の場合は、個人のアフィリエイトでしか使用しませんし、レンタルサーバーのお引越しが目的なので、以下の通りに入力しました。

① 全てのマルチドメインも利用可能
② サイト管理者も利用可能(チェック)
③ ※省略

作成完了画面で「OK」を選択します。

インスタンス作成完了画面

前項で作成したインスタンスの管理画面で「作成」を選択します。

DB作成画面

「データベース名」にお好きな名前を入力し「作成」を選択します。コメントは省略しても OKです。移行するサイトがたくさんある場合は、入力しておいた方がよいでしょう。

データベース名の入力画面

データベース作成完了画面で「OK」を選択します。

この後、古い MySQL 5.1 データの移行先として、ここで作成した「データベース名」を指定することになりますので、判別できるようにしておきましょう。

インスタンス と データベース

ここで作成したインスタンスは、DB を格納、管理するための便宜上の「箱」なわけですが、この箱に 10個まで DB を作成できるそうです。(※ミニプラン)インスタンスも10個まで作れるそうなので、合計 10x10=100 個の DB が運用できるんですね…

 

運用中の MySQL 5.1 のデータを 5.7 に移行

続いて、運用中の DBを、前項で新規に作成した DB に移行します。左サイドメニューの「データベース設定」から「編集」を選択します。

現在運用中の MySQL 5.1 での操作となりますので「MySQL データベース」(MySQL 5.7 管理画面)ではなく「データベース設定」(MySQL 5.1 管理画面)を選択します。

MySQL5.1からMySQL5.7への移行画面

「データ移行」を選択します。

データベース移行画面

前項で作成したインスタンスにチェックを入れて「次へ」を選択します。

移行先インスタンスの選択画面

移行先となる DB を指定して「移行開始」を選択します。

DB移行開始画面

「OK」が表示されたら、選択します。

DB移行完了画面

移行中はこんな画面になりますので、ある程度時間を置いて「OK」が表示されるまで「再表示」のクリックを繰り返します。

dbデータ移行中画面

 

運用中の WordPress で DB の参照先を変更

冒頭で解説させていただいた通り、サーバーお引越しだけが目的なら、以降の作業は必要ありません。ここまでの作業で、本稿の目的である「MySQLのアップデート」は完了してます。もう「phpMyAdmin」を使ったサーバー移転が可能な状態です。

 

続いて、現在運用中の WordPress が参照している古い DB の記述を、移行先の新しい DB の記述に変更します。これは、サーバ上にある 「wp-config.php」という、ファイルの内容を変更するものです。

まずは、移行先の DB 情報をメモ(メモ帳などにコピー)しておきます。※以下は、実際に変更するファイルの書式で、赤字が変更箇所です。

define('DB_NAME', '①データベース名');
define('DB_USER', '②接続ユーザー名');
define('DB_PASSWORD', '③パスワード');
define('DB_HOST', '④データベースサーバー名:⑤ポート番号');

プランマネージャの左サイドメニューから「MySQLデータベース」を選択することで、上述の  情報を参照できます。

データベースのパラメータ確認画面
※パスワードは の「編集」を選択した先で確認できます。


「ファイルマネージャ」で、移行対象となるサイトの URL を選択します。↓

GMOクラウドのファイルマネージャ画面

ファイル編集の注意点

もちろん、サバー上のファイルを直接編集して FTPでアップロードしても問題ないのですが、このファイルは Windows 標準のメモ帳で編集すると、文字コードの問題でうまく動作しません。「コード? はぁ?」という場合は「ファイルマネージャ」で作業する方が無難です。

wp」フォルダ選択後「wp-config.php」の右にある「編集アイコン」をクリックします。

この設定ファイルの編集作業に不安がある場合は、このファイルマネージャ上で「wp-config.php」のコピーを取っておきましょう。保存先を忘れないようご注意下さい。

iclustaのファイルマネージャでコンフィグ編集画面

事前にメモしておいた内容を元にファイルを編集し「保存して終了」を選択します。※ ④ と ⑤ の間は「 : 」コロン(半角)で繋ぎます。元々入力されているコロンを残すように編集しましょう。

wp-config.phpのDB接続先変更画面

更新後は、ファイルマネージャ上の「更新日付」を確認し、保存に成功したことを確認します。

 

データ移行後の動作確認

接続先を変更した後のあなたのサイトを確認してみましょう。もし、以下のようなエラーで接続できない場合…十中八九、前項の「wp-config.php」の記述ミスです。余計なスペースやタブが入ってないか?全角になってないか?…など、落ち着いて確認しましょう。

データベース接続エラー画面

 

以上で、GMOクラウド iCLUSTA で MySQL をアップデートする作業は完了です。お疲れ様でした。GMOクラウド iCLUSTA から、別のサーバーへお引越しなさる場合は、引き続き「サーバーのお引越し手順」にお進み下さい。

手順では GMOクラウド iCLUSTA から Mixhost へのサーバー移転作業を紹介しています。

-アダルトサイト運用
-, , , ,

Copyright© ももいろアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved.