アダルトサイト構築

WordPress の導入|GMOクラウド iCLUSTA+

更新日:

おすすめレンタルサーバー 『GMOクラウドのiCLUSTA+』 」に『WordPress』を導入する手順です。

「GMOクラウド iCLUSTA+ に WordPress を導入するのは他のレンタルサーバーに比べて面倒だ。」といった書き込みをよく見かけます。

私の場合、GMOクラウド iCLUSTA+ しか利用したことがないので比較できませんが、導入手順は難しいものではありませんのでご安心下さい。途中、前回の手順『データベース MySQL の準備|GMOクラウド iCLUSTA+』で参照した「データベース情報」が必要となりますので、必要に応じて前回の手順をご参照下さい。

WordPressの導入

はじめに

WordPress 導入直後のブログトップページは『http://ドメイン名/wp』というアドレスになります。末尾の『/wp』が気にならない方はもちろんそのままで問題ありませんが、『http://ドメイン名』といったシンプルなアドレスでアクセスできるようにしたいという方は、本稿の手順完了後に『7.ブログURL末尾の"/wp"を消したい|GMOクラウド iCLUSTA+』をご参照下さい。

プランマネージャへのログイン

プランマネージャ』にログインします。

『ログインID』と『パスワード』は以下のメールに記載されています。

件名:【重要】GMOクラウドiCLUSTA+サーバー設定完了通知:(ドメイン名)]

ユーザー作成

現在、ログインしているユーザーはメールで通知された『契約者アカウント』ですが、WordPress の導入には『サイト管理者』あるいは『ドメイン管理者』のユーザーアカウントが必要です。ここでは『サイト管理者』を作成します。

左サイドメニューから『ユーザー管理』を選択し、『ユーザー登録』をクリックします。

それぞれ『ユーザー名』『パスワード』をお好みで入力し『サイト管理者』にチェックを入れます。『管理するウェブサイト』には、今回 WordPress を導入するドメインを選択し、最後に『設定の保存』をクリックすれば完了です。

eメールアドレスについて

eメールアドレスについてはお好みで作成可能ですが、サイトやドメインに対して『管理者権限』を持つユーザーについては、不用意にメールアドレスを公開しない方がよいと思います。今後運営するブログのコメントまわりや問い合わせ窓口などにメールアドレスを使用したい場合は、個別に『一般ユーザー』を作成なさることをオススメします。

ユーザーの切り替え

あらためて左サイドメニューの『ユーザー管理』から『ユーザー切り替え』をクリックします。

ユーザー権限が『サイト管理者』であることを確認し、『切り替え』をクリックします。

マルチCGIのインストール

左サイドメニューの『ウェブコントロール』を選択し『CGIインストーラー』をクリックします。

『マルチCGI』で導入先ドメインのリンクをクリックします。

インストーラーに移動後、『インストール』のリンクをクリックします。

『インストール可能CGI一覧』にて『WordPress』の項目にある『インストール』をクリックします。

『マルチCGI利用規定』とWordPress 配布元の利用規定に同意の上で『 承諾する 』をクリックします。

インストール先ディレクトリーの作成

下図の通り、ディレクトリーの一番上(ドキュメントルート)にインストールしようとしても先に進めません。本稿の冒頭でご案内差し上げたとおり、ひとまず『/wp』とディレクトリーをきって導入しましょう。

 ↓

データベース情報の入力

前手順『データベース MySQL の準備』で記録しておきました、それぞれの情報を入力します。下図の情報は適当な値を入力したものですが、おおよそこのような文字列になります。

データベース名:データベース名(接続ユーザー名)
ユーザー名  :データベース名(接続ユーザー名)
パスワード  :※前手順で設定したパスワード
ホスト名   :データベースサーバー
ポート番号  :ポート番号

インストール

入力内容を確認し、『インストール』をクリックします。

インストールが完了しましたら、『下記 URL に WordPress をインストールしました。』直下のリンクをクリックし、WordPress の簡単な初期設定をします。

WordPress の初期設定

各項目を入力し、最下部の『WordPress をインストール』をクリックします。

入力する内容は後々変更できますので、ひとまず『 (仮) 』の内容でかまわないのですが、『プライバシー』の項目について、『ブログが中途半端な状態のうちは検索エンジンからアクセスしてほしくない。』という方は、チェックを外しておいた方がよいでしょう。()

ブログの準備が整いましたら「検索エンジンによるインデックスを許可する」といった設定に切り替えることをお忘れにならないよう、十分お気をつけ下さい。

インストールが完了しましたら、とりあえず『ログイン』してみましょう。

下図のように『ダッシュボード』が表示されれば、WordPress の導入は完了です。

この段階では、ブログは以下のように表示されます。アクセスするためのアドレスは『http://ドメイン名/wp』です。

以上で『WordPress』の導入は完了です。

参考:インデックス許可の設定

前項の『プライバシー』設定項目で『検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する』のチェックを外した方は、ブログの準備が整いましたら以下の手順で設定変更することをお忘れにならないようご注意下さい。

ダッシュボードの左サイドメニューから『設定』⇒『表示設定』と選択します。

『検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする』のチェックを外し、『変更を保存』をクリックします。

あとがき

今回の手順でブログが公開されたことになりますので、ここまで来ますと次々と作業を進めたくなりますよね。

現段階でも記事を投稿してブログ運営を開始することはできますが、本稿の冒頭で触れました通り、アドレスに『/wp』が含まれている問題や、ブログの外観、SEO 対策、さらに万が一の場合に備え、バックアップや、セキュリティ対策なども、追々考えなければなりません。

次回は、ブログアドレスから『/wp』を消す方法についてですが、FTPクライアントを使用します。まだ導入なさっていない方は、先に『FTPクライアントの準備』からご確認頂く必要があります。

⇒ 6.FTPクライアントの準備|GMOクラウド iCLUSTA+
⇒ 7.ブログURL末尾の"/wp"を消したい|GMOクラウド iCLUSTA+

-アダルトサイト構築
-, ,

Copyright© 好きなアダルト動画を紹介して月5万円のお小遣いを得るためのブログ , 2018 All Rights Reserved.